テーマ:サルサ

Havana Rakatan

観て来ました、Havana Rakatan。 2日のオフを終えての公演日。楽しみにしていた公演。おしゃれをして出かけた。 幕が上がるとマレコンが登場。そこから舞台は始まった。 フラメンコが続き、それからPalo。第一幕の最後はマニセーロで終わる。マニセーロの舞台構成は、以前トリノで見たキューバからのダンスカンパ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり無理です

どうがんばってみても、プエルトリコサルサは私には向いていない。楽しめない。 最近仲間に加わった男友達。モロッコ人。彼の事は以前から知ってはいるが、好んで踊りたい、と思う人ではないので、会えば”元気?”くらいの挨拶しかしなかった。 ところが、この彼が私のサルサ仲間のイギリス人の女の子の家のすぐ裏に住んでいる事が判明。と言うわけで彼…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ロンドンでサルサ

ロンドンでの夜。 せっかくだから一晩だけサルサを踊りに行かせて!と彼にお願いして出かけた。 事前にネットでサルサクラブについては調べておいて、その中から選んで出かけようと思っていたが、たまたまホテルのBarで働いている男の子がラテン系の子で、彼が”キューバンサルサを踊るならここ”と教えてくれたところ何件かの中から1件選んで出かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教えるということ

良いプレーヤーが良い指導者となるとは限らない、とはよく言うこと。 本当にそう思う。サルサに関して言うと、良いダンサーが必ずしも良いマエストロであるとは限らない。 いままでにワークショップなども含め何人かの”マエストロ”のレッスンを受けたけれど、その中には教えるというメソッドをまったく知らない人もいた。 そのどの人もみんなダンサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sonを踊る

Sonを踊るのは気持ちがいいね。 ゆったりとしたトラディショナルなSonばかりでなくて、ちょっと早めのテンポのSonもね。 今回の帰国では、最近サルサさえも踊っていないので、そろそろ”踊りたい将軍”が飛び出してきそうです。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミラノラテンフェスティバル

ミラノでもローマと同じくらいの時期にラテンフェスティバルがある。 トリノからは来るまで2時閑弱なので、年に、それでも1~2度しかいけないけれど遊びに行く。 とにかく広い。ライブ会場なんて、トリノに比べれば数倍もあって、トリノのように最前列くらいつきで観るためには何時間も前から会場入りしないとだめであろう。 というわけで、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローマラテンフェスティバル

ローマのラテンフェスティバル(Via Appia Nuova ヴィア・アッピア・ヌオーヴァ)への行き方。 公共交通機関で行く場合 地下鉄Aで”Cinecitta'”(チネチッタ)駅まで行く。ここでバス654番のVia delle Capannelle(ヴィア・デッレ・カパンネッレ)方面に乗る。またはColli Albani(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローマでサルサ

問い合わせのあったローマでサルサについて。 夏のビッグイベント、ラテンフェスティバルの日程が出ていました。 6月18日開幕です。詳しくはwww.fiesta.it で。 今のところまだライブの日程は発表されていません。 イタリアのディスコ(サルサのみならずすべてのジャンル)は、夏になると閉まります。 暑さで室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発表会?

あごに絆創膏を貼ったまま、久しぶり、本当に久しぶりに踊りのレッスンへ行った。 以前から取り掛かっていた振り付けが最終段階に入り、私のいなかった間にどんどん先に進み、それがとてもややこしい、でもそれを完成できればとっても素敵な踊りになる、そんな仕上がりになっていた。 ルンバあり、サルサあり、オリーシャスあり、とね。 でもその…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

最近は不作

いつも行くキューバンレストランのサルサナイト。 以前にも書いたと思うけど、ここにはキューバからつれてこられたダンサーが働いていて、そこへ行けば必ず数曲は踊れるから(踊りに行ってもまったく踊らないと言うことが起こるほかのディスコとは違い)。 本当にテアトロやテレビで活躍していたダンサー達がいた。毎年夏明けに新しいダンサーが到着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撮れていない・・

昨日は私のマエストロのショーがあった。 会場は普段は絶対に足を踏み入れない、プエルトリコサルサばかりがかかり、踊る人もその系統ばかりのディスコ。 でもそんなところでキューバンのショーがあった。 行って見ると、やはりプエルトリコばかりで、ショーが始まるのをぼ~っと立って待つしかない。 すると、DJがとりあえずかけてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踊りたいな~。

トリノにいるときは週3回は踊りに行っているのに、日本では全然。 地元名古屋では一度だけ踊りに行ったけれど。この3ヶ月の滞在で1回だけなんて、過去の私では信じられない。 イタリアに行きたてのころ、実家に戻ると毎週のように踊りに行った。友達に会う目的も含めて。レッスンも受けたな~。 ところが年々数が減り、今回は1度だけ。 東京で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

手を取られて

金曜の夜、東京で踊りに行き、2軒目。 そこへは1件目で集まったクバーノたちと大移動。 1件目よりは混んでいたそこで、知り合いのテーブル脇で立っていると、1人の日本人男性(おじさん)が私の手を取り踊りろうって。 ごめんなさい・・・・友達たちとふざけていたほうが楽しかったので断ると、更に私の手を引き、”踊ろうよ”と。 だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SONを踊る

先日名古屋で行われたSON四郎のライブに行ってきた。 カンタンテのマコトさんは以前から知っていたけれど、SON四郎のライブを見るのは初めて。 ワクワク期待して出かけたよ。 そして、期待通り、とても楽しめたライブでした。どの方も皆さんシンパティコで、笑顔のいつも絶えないマコトさんの歌に元気を貰いながら、ライブ後も踊ったりして。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片足負傷中の人

実家にいてはあまり踊りに行かず、早寝早起きのまったく健康な生活を送る私だが、ちょっと前に久しぶりに地元のサルサナイトへ顔を出した。 そこにやってきたのは松葉杖(というのだろうか?いわゆる昔の木でできたものではなく、腕にはめるわっかがついている現代的なもの)を1本ついた男性。 足元を見ると骨折したのだかわからないけれど、片足を負傷して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しつこいな~

久しぶりに名古屋のサルサバーへ、友達に挨拶がてらに遊びに行ってみた。 土曜日の夜だというのに、人が少なく、そして、毎年のことながら、知っている人もほとんどいなく、とりあえずビールを飲んで友達が食事から帰るのを待っていた。 すると、何人かな~?たぶんブラジル人?(もしかしたらペルー人)の男性が誘ってくれた。 とりあえず1曲踊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だめだな~

しかし、どういうものか・・・・・ 昨日東京のサルサバーへライブを聞きに。 今年最初のライブとあり、いつもよりも長く演奏してくれた。ダンソンあり、チャチャチャあり。 いろんな曲を演奏する中、フロアーではどの曲にでもサルサを踊るカップルたち。キューバンで無いスタイルの人もいるから、いわゆる”クルクル系”。 かれらはゆったりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

断り続けた夜

日曜日に久しぶりに踊りに行った。 月曜は早起きしないといけないので普段は踊りに行かないが、帰国前と言うこともあり、年末の挨拶を友達に、と言うことも兼ねて踊りに行ってきた。 一緒に踊りに行く友達は現在イギリスに里帰り中なので、1人で。 しばらく行かないと顔ぶれがすっかりと変わっているが、それでも、カシーノを抜群に上手く踊る友…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まぁね・・・

つい数ヶ月ままで男性キューバ人ダンサーが最低4人は常にいたキューバンレストランのサルサナイト。 ところが一人抜け(キューバへ帰国中・・長いな~)、それだけでも踊る回数が減ると言うもの。 そして先週また1人、バカンスのためにキューバへ行ってしまった。1ヵ月後に戻るらしい。 てなわけで、一般人と踊らなくてもダンサー達と踊れて楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Buongiorno Ballerina!

って、突然言われた。 先週の土曜日に、青空市場で野菜を買い物中。 いくつもある野菜売り場の一つの前で止まり、順番を待っていた。 すると、接客を終えたおねえちゃんが、私の前にやってきた途端に、”Buongiorno Ballerina!”って。私の横にも女性がいたので、私はてっきり、その人に言ったのか、または後ろを通った知り合い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

co'mo Cubana!!

えへへへ・・ また言われちゃった!”キューバ人みたい”って。 昨日踊りに行って、そこに新しいバレリーノがいるのを発見。なかなかいい感じ。(あとで、この彼はすでにそこで働いているキューバ人バレリーノの、スペインに住む弟だと言うことが判明。1ヶ月だけそこで働くと言うことも。) サルサナイトも中盤…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

嬉しい!

私の踊る姿を見て”ラティーナ”だと思ってくれる人がいることはちょっと前に書いたけれど、昨日、友達のキューバ人の女の子が私のことを仕事先の先輩に紹介しているとき、”彼女もサルサ踊るんだよ。彼女の踊るところ見たらきっと先輩びっくりするよ。いい動きするのよ。”って。 たまに知らない人からも、ディスコで呼び止められて”上手ね”と言われるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨・・・雨・・・雨・・・そして雨・・・

まったくここまで天気が悪い日が続くのも珍しい気がする。 2週間くらいずっと天気が悪く、雨もちらちら。水不足気味のイタリアには雨は必要なのだけれど、こう毎日だと気分もしょげてくる。 先週末は用事でトリノを離れ、ちょっと南に下がったところにいた。天気快晴暑かった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オフに踊る

イタリアのサルサナイトには、必ずといっていいくらい、お客さんを踊らせるダンサーがいる。 イタリア人だったりキューバ人だったり、それはいろいろなのだが、イタリア人の場合はダンサーとして仕事をしている人ではなく、ちょっと人よりは上手く踊れるからディスコにダンサーとして雇ってもらっている、と言う感じ。 中には、まったくリズムが取れていない…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

やっぱり迷惑・・・

サルサを踊りに行くと、本当に楽しい。 1曲踊ると、この時期は汗だくだくになるけれど、それでも、それでちょっとはダイエットになるかも、なんて思ったりして、嬉しかったりする。 ちなみに、冬は踊りに行きどんなに汗をかいても体重に変化は無いが、夏は踊りに行った翌日は1キロくらいは落ちていることが多い。 楽し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

少年と踊る!

VanVanのライブでもキューバンサルサの腕前を披露した少年少女4人チーム。 昨日、そのうちの一人の少年に誘われて踊った! 彼ら、いつもは彼らの仲間内で踊る。みんな多分10~12歳くらい。 一組は多分恋人同士?だと思う。 男の子は相手の女の子をいつも抱きしめているもの。それ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

踊った、踊った!

本当に踊りまくった2日間を過ごした。 ここ最近は土曜日のサルサナイトが面白くなく、サルサを踊れるディスコは山のようにあるが、どれもこれもいまひとつ。音楽がだめだったりそこにいる人たちがあまりいい感じでなかったり・・・ そんな中で、気に入っているのが木曜日のメキシカンレストランで夕食後に行われるサルサナイトと金曜のキューバンレストラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Clave Negraのショー

昨日はあるサルサクラブでのイベント、ミラノ、トリノに拠点を置く(とはいえ、ほとんどがミラノへ拠点の中心を移してしまったが)キューバ人ダンスグループ、Clave Negraのダンスショーへ行った。 前のブログにも書いたとおり、このクラブは主にプエルトリカンサルサをかける。しかし、冬シーズン幕開けのイベントとして彼らが招かれ、ショーを行っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プエルトリコとキューバ

配色が違うだけの、同じ模様の国旗を持つ二つの国、プエルトリコとキューバ。 サルサを踊る中で、スタイルの違いについて語られる。日本ではプエルトリコサルサというのは普及しているのだろうか?多分、キューバンサルサのほかにはニューヨークスタイル、ロスアンジェルススタイルのほうが一般的なのかもしれない。 さて、個人的にはキューバンサルサを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ルンバの先生

去年の冬から通い始めた自宅近くのルンバレッスン。 そこで教えているキューバ人ダンサーに、ずっとずっと受けてみたいと思っていたレッスン。この先生はサンティアゴ・デ・クーバの出身で、キューバではダンサーとして活躍していた人。 イタリアへは、あるキューバレストランからの誘いで、そこでダンサーとして働くために連れてこられた。 背はそれほど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more