テーマ:友達

本当はナニ人?

これ、まぁ冗談で言われることなんだけれど、先週の土曜日、約1ヶ月ぶりに踊りに行った、しかも彼抜きで。 この日は友達クバーナのお誕生日会もあって、いつもよりも彼女の友達クバーノスが大勢来ていた。そんな事もあって久しぶりに立て続けにクバーノスと踊ったときに言われた。 ”ねぇ、本当は日本人じゃないでしょ?”(既にご存知の通り、厳密に言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Facebook

はじめはあまり乗り気では無かったFacebookだが、あれよこれよと言う間に、それを覗くことが生活の一部になってしまっていた。 普段会っている友達でもなぜか連絡はFBと通してだったり。変な感じもするが、これが当たり前になっていたりするんですね。 まったく知らない人、まったく関係の無い国の人からの友達リクエストが初めのうちは多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

似ている?

久しぶりにこちらのブログへ帰ってきました! 友達の友達と友達になって、その人を見た瞬間なんだか大儀見さんに似ている気がして写真を撮らせてもらいました。 ほかにも写真を撮りましたが、”似て無いよ~~~!”とバッシングがくるといけないので、とりあえず控えめなところから出します。 似てない・・・かな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私が気にすることではないかもしれないけれど・・・・

自分の国以外の国に住むことの大変さはイタリアに住む身として十分承知している。 日本で生まれた私でも、両親が韓国人ということから日本国籍が貰えず(こう言う制度は多分日本だけだと思う。外国では、その国で生まれれば両親の国籍に関係なく生まれた国の国籍が取得できる)、日本の教育を受け、日本語しか話さないのにもかかわらず”外国人”としても扱いを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘘か真か・・・・

人のいうことを信じて、でも後々よく考えると、????ということがあったり、誰から見ても変だと思えるのに、それが私には見えなかったり・・・ 今回は頻繁に東京へ出かけ、人と会ったり。 そのたびに、うれしい思いと嫌な思い、両方をお土産に名古屋へ戻る。 そのたびに友達にメールを書き、東京であった事を、友達は関係ないのにぐだぐだと語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男のすることか?

仲のいい友だち、いつも一緒に踊りに行く(行っていた)友だちが、今日から踊りに行かないことを決めた。 理由は・・・・ 去年付き合っていた彼と別れて、それ以来はずっとシングルだった。でもいつも彼を探していた。 最近知り合った人とかなりいい感じで、彼女は彼との関係をとても大切にしたいと思うようになってきた。 その彼と私も知り合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもながら待ちくたびれます

踊りに行くとき、トリノでは車が必需品。 持っていなければ誰かに迎えに来てもらう。 私もその1人。 で、いつも踊りに行く女友達。みんな時間にルーズ・・・ 何時に迎えに行くね!と言って、その時間に来たためしがない。初めのうちは必ず30分は遅刻。でも、もしかしたら時間通りにくるかもしれないので、言われた時間には私は準備万端。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜかな?

別れる別れないでいろいろと大変な友達がいる。 友だちは別れたいが相手は別れたくない。別れたい理由、別れたくない理由はそれぞれにあるだろう。 でも、相手の気持ちが既に自分にはないのを知っているであろうが、それでも別れたくない、それほど好きなのか、何かに対して意地を張っているだけなのか・・・ 私だって、別れたくないときに相手に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おめでとう、マエストロ!

昨日の土曜日、友だちでマエストロでもあるキューバ人、David Del Campoの誕生日会が彼の働くディスコであった。 いつもの倍以上は人がいたであろう昨夜。なんだか騒がしくて、ちょっと落ち着かない私。 普段はラテンに無関心な私の彼も、仲良しのDavidの誕生日とあって、一緒に来た。(これがまた落ち着かない理由でもあったのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんな優しかった

夏休みの一時帰国のとき、東京へ遊びに行ったときに知り合いが何かと気を使ってくれた。 踊りに行った時、友達が帰り際に、1人で残される、つまり、友だち以外にはそこには知り合いがいない状態になる私を気遣って、彼らの仲良しの友だちに私のことをお願いしていってくれた。 で、その人はそれから別の私の友達が合流するまでの間、何かと気にかけてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼よりもやさしい

東京からの帰り道、東京駅へ向かう途中に友達に会った。 ミュージシャンであるその人は自宅へ戻るところだったらしい。 大きな荷物を肩に背負って必死で暑い中を歩く私を見て、わざわざ声をかけてくれた。 そして、”荷物、持ってあげるよ。”と。 その人の背中には大きなリュックが。そして、それに私の重たい荷物を持たせるわけにはいかない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パワフルなドミニカ人の友達

ここ数年一緒にいつも踊りに行くドミニカ人の友達(女性)。 私と大して年が変わらないにもかかわらず、すでに24歳の娘さんがいる。 二人はまるで姉妹のよう。 10代半ばに産んだ計算になる・・・余計なことだが・・・(おっ、私の年もばれてしまうのでもうこれには触れないことにしよう・・・) このドミニカ人ママ、パワフルよ。 お金持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more