テーマ:イタリア

ラヴェンナ

日本に帰って来る前に、彼とラヴェンナまでの小旅行をした。 トリノからは車で4時間ほど。 ラヴェンナは私のイタリアでの生活が始まった場所。3ヶ月の語学留学時に選んだ都市がラベンナ。 その後、季節が冬と言うこともあり、2ヶ月の滞在予定が学校に生徒が誰もいなくなる、と言うことで2週間後にはほかの町にある姉妹校へ転校させられる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアのテレビ番組の始まる時間について

何事にも結構いい加減なイタリアだが、テレビ番組の始まる時間も結構いい加減。 新聞などにある番組表には一応始まる時間が書いてあるけれど、その通りに行くとは限らない。 番組中に別の番組の宣伝をする場合でも、放送開始時間も告知するのだが、それが”○時。。位から始まる予定です”と言うことがしょっちゅう。 つまり、その前に放送される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローマ法王トリノに!

先日ローマ法王がトリノにやってきた。 4月から1ヶ月間、トリノのとある協会に保存されている”イエスキリストの遺体を包んだとされる布”が一般公開されているのだが、それにあわせての来トリノ。 当日は街の中心部がすべてブロックされ、厳しい警備が敷かれた。とはいえ、そこはやはりイタリアなので、日本で言う”厳戒態勢”とはちょっと違い、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある雨の朝の出来事

朝から雨が結構激しく降っていた。 こんな雨の中仕事に出かけるの、いやだなぁ、なんて思いながら家をでて、バスに乗った。 運よく座ることが出来、しばらくするといつものようにうとうととしかけた・・・とそのとき! バスがバス停に停まりドアが開いたとたんに、 ”ぎゃ~~~!!”と言うすさまじい叫び声が! これは誰か轢かれたか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またもやひどいイタリア郵便事情

日本へ帰ったとき、たいした荷物は無かったつもりだが、気がついたら荷物が増えていて、もう着ないであろう冬物の洋服などをまとめてEMS便で送った。 1週間もあれば普通は届くEMS便。 確かに送った荷物の一つは私の帰国前日にイタリアの自宅へ届けられた様子。 ところが、留守だったために不在者通知が入っていた。しかしこの不在者通知、いつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出た~!!

ついに出ました。 イタリア滞在許可証5年ものが!! これでこの先しばらくは警察署に出向き何時間も何時間も順番を待たなくて済む!!! とはいえ、複雑な気持ち。 今は最大5年しか出ないが、2年位前まではこのタイプの許可証は期限無しのものだった。 で、ある程度の条件を満たさないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挨拶チュッチュッ

ご存知の方もたくさんいるとは思うけれど、イタリア人は友達同士では毎回会ったときと別れるときに頬をくっつけて挨拶のキスをする。 普通は頬と頬を合わせて”チュッ”と音を立てるだけで、実際に頬に唇を付けているわけでは無いのです。でも、中には性別に関係なく唇をつけてくる人もいる。より親しみを込める意味で。 この挨拶キスの回数、国によって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Firenzeへ

12月始めの3連休、フィレンツェへ遊びに行ってきました。 お天気が心配されたけれど、幸いに天候には恵まれて、日中は暖かいくらいで、フィレンツェ市内を歩き回りました。 2泊3日の旅行だったので、フィレンツェの中心を観光したのみ。 何年ぶりだろう?フレンツェ観光。 昔、ツアー旅行で何度か訪れて、ウフッツィ美術館も朝早く並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人観光客の皆さん、気をつけてください!

ある番組で、イタリアを旅行する日本人がBarに入った場合に、イタリア人と同じものを注文したのにもかかわらずイタリア人よりも高い値段を請求されると言う問題が放送された。 番組の隠しカメラと共に店内に入る日本人、その後隠しカメラと共に店内に入るイタリア人。 二人の注文した飲み物は同じ。でも請求された金額がまったく違ったものだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢の限界を超えた

どの仕事でも、人が相手の仕事はあるときはとても我慢が必要。 私の仕事もそう。歯科医院なんて誰だって出来れば行きたくないところでしょ。だから患者さんはかなりナーバスだったりするのよね。痛さや怖さを一生懸命我慢している患者さんもいれば、大して痛くないだろうな~、と思うようなことでも大げさに痛いという人も。 イタリア人は日本人の患者さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

車の運転

車の運転マナーが悪いとされているイタリア。(イタリア人に言わせると、フランス人はもっと悪いらしいが・・・) みんな確かに自分勝手だ。 運転が荒いとかそういう問題ではなくて、”我が先!”精神が一杯なのである。 公共交通機関、つまり、バス。 これってやっぱり優先権あるでしょ?イタリアは無い。 バス専用のレーンでも平気で入り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりイタリア人は面白い

バスに乗っているといろんな光景に遭遇する。 お年寄りがたくさん乗っていると、すぐに井戸端会議が始まるし、それも、どでかい声で話しているので、はじめは仲間に入っていなかった人でも、だんだんと話の仲間に入る。 イタリア人、人の話している事がすごく気になるのです。 仮に間違ったこと、いや、それが正しかったとしても、自分が思い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Salone del Gusto (サローネ・デル・グスト)

2年に一度トリノで開かれる、Slow Food協会主催の食の祭典、Salone Del Gustoが今年10月23日から27日まで開かれた。 このイベントには世界各地から出展者と来場者が訪れ、日本からも。 毎年確実に規模が大きくなっていくこのイベント。 私が初めて訪れた4年前よりもかなり規模が膨らんで、とても見ごたえの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんな事、今の時代にまだ言ってる・・・

イタリアの政党の一つに、人種差別政党がある。 イタリア人以外はろくでもない人種だと言うような発言がその政党の党員からいつも出てくる。それも、テレビと言う公共の電波を使ってだ。 昔、ある女性党員が、”外国人はイタリアから出て行かなければいけない。この国はイタリア人だけのものだ!”とテレビのトーク番組で声を張り上げていたが、見て…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

慣れてはきたが・・・

以前にも書いたかもしれないけれど、イタリアに来てから人に見られることが多くなった。 普通に街を歩いているときに、一般人から見られる。 イタリア人ってかなりじ~っと見つめて、時には振り返って後姿も見つめると言うこともしばしば。 これは男性が女性を見つめる場合。 日本人が少ないトリノでは仕方ないことなのかな?とも思いつつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働者を守るイタリア

イタリアの失業事情はかなり厳しいが、なぜこれほど仕事が見つからないのか、といえば、既に働いている労働者が守られる法律が存在するから。 労働組合もしっかりしていて、労働者が不利に立たないようになっている。 女性に関して言えば妊娠出産後の職場復帰がとてもスムーズに行われるし。妊娠期間を含め、6ヶ月の強制産休、そして希望すれば更に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移民局

イタリアに外国人が滞在するときに必要になるのが”滞在許可証”。 これを申請するところが移民局。 職員は警察官。 ここに手続きに行くとき、たとえそれが単なるインフォメーションのためでも、番号札を貰い呼ばれるまで待つことになる。 2時間3時間待つことなんてざら。 それはとても疲れることなのだが、私はここで待つことが好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリタリア倒産

イタリアの航空会社”アリタリア”が倒産した。 ここ数年は経営がうまく行っていなく、去年辺りから他国の航空会社に合併吸収、と言う話があり、フランスの”エールフランス”、ドイツの”ルフトハンザ”そして、イタリア国内のルフトハンザ系列の航空会社”エアーワン”が名乗りを上げた。 各航空会社からのオファーとアリタリア側の希望がなかなか合わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Linda、おめでとう!

今日は友だちの結婚式だった。 新郎新婦とも、サルサ仲間。 招待客も当然サルサ仲間がほとんどを占める。 新婦は15年ほどイタリアに住んでいるアルバニア人のお母さんとギリシャ人のお父さんを持つ女性。 イタリアには誰一人家族はいない。 まだ若いのに、自分のお店を持ちがんばっている。凄いと思う。 新郎は靴修理の職人。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いやらしい

昨日は友達グループでキューバンレストランへ食事に。 キューバ人のおじちゃんがピアノを弾きながら歌ってくれて、食事を盛り上げてくれた。この人、夜の8時くらいから歌い始めて私がその場を去った12時ごろまで、ノンストップで歌い続け。 足元に積まれてゆく空のコップ。ラムを飲みながらの演奏。 にこやかでとっても気がよさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

彼と別れたら・・・

日本人の少ないトリノで、夜な夜なサルサを踊りに出かけている私は、サルサを通してかなりの人と知り合いになった。 ただ前を通過して行った人たちもいるし、毎週顔を合わせるうちに挨拶を交わすようになり、親しくなった人も。 でもそんな場合は相手の名前を知らないことが多い・・・ いまさら聞くことも出来ないし・・・で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏がやってくる!

後2ヶ月もしないうちにイタリア各地でラテンフェスティバルが開幕! それと共に、オープンディスコ(青空ディスコ)もオープン。 室内のディスコでは暑くて暑くてたまらないけれど、青空ディスコになると、すがすがしく踊れる。(とはいえ、踊ればやっぱり汗だくだくなのだが・・・) で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ナポリの問題

ナポリのごみ問題。 かなり深刻。イタリア国内で伝えられていることでさえ、ナポリの住民に言わせれば”ほんの入り口のこと”らしい。 数年前からナポリの道路上のゴミ箱があふれ出し、悪臭を放ち、だからと言って収集されるわけでもなくごみは増えるばかり、と話題にはなっていた。 イタリアのごみ収集の仕組みは日本のそれと違い、道路上に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イタリアの物価

私がイタリアへ来た2001年はまだリラが流通していた時代。 リラって本当に弱くって、日本人にとってはイタリアは金銭的にとても過ごしやすいところだった。旅行者にとっても、日本人が常に追いかけるブランド品だって、日本の半値近くで買えた。 それがユーロ導入となって大変化! ヨーロッパ各地で物の値段が上がったが、イタリアはその中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんなのあり??

ちょっと前、トリノにあるドイツ系の工場で火災があり、従業員数人が亡くなった。 今朝のテレビ番組に、当事火災の起きた部屋の隣で勤務中で、火災が起きたときに消防、救急へ通報した従業員が”証人”として出演。 この事件後、精神的ショックがひどく、現在精神科医に通院中のこの方。 少しずつ当時の状況を話す勇気が出てきてのテレビ出演。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Ciccio と Tore

2006年の春に行方不明になった兄弟。 先日井戸の中から遺体となって発見されたことは先日書いたが、検視の結果が出た。 兄Francesco(フランチェスコ)と弟Salvatore(サルバトーレ)、愛称がCiccio(チッチョ)とTore(トーレ)。 この井戸、深さ20メートルほど。水は無い。 この二人の死因・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖かっただろう・・・

イタリアの南の街、プーリア州の町で、2006年春に11歳と12歳の二人の兄弟が行方不明になった。 数ヶ月前に彼らの父親が殺人犯として逮捕された。 捜査の段階で考えられたのが誘拐、殺人。 誘拐の場合は、彼らが生きている可能性を残していた。イタリアでは子どもの人身販売が時々起こる。子どもを誘拐して、ルーマニアなどに売るのだ。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

逆戻りした小包

去年の8月に送った荷物、税関検査に引っかかった後、2つは届き(11月半ばに)一つは日本へ戻ったと言う手紙が届き、その荷物は今年の1月に実家へ戻った。でもまだ一つの行方がわからず、郵便局へ問い合わせると、なんとこれもまた日本へ返送されたとの事。 そしてそれが1週間ほど前に実家に。 返送された理由は当然”内容物が不審”と言うこと。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

値段急上昇

イタリアの物価が高いと言うことはちょっと前にも書いたけれど、最近ポストに入るスーパーのチラシを見て、つくづくいろんなものの値段の上昇を感じさせられる。 イタリア人にとって一番身近なものと言えば”パスタ”だが、数ヶ月前にテレビのニュースで、小麦粉の値段上昇に伴い、どのメーカーもいっせいにパスタの値段をあげると報道された。 昔は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひどいな~

風邪引いて、ぐるじい・・・毎度のことながら咳がひどいのだ・・・咳のしすぎで、ちょうど胃のあたりの筋肉がいた~い・・・ 辛い辛い・・・うぐっ・・・明日から4連休なので、少しは休めるかな?・・・でも明日踊りに行くんだった。 それはさておき、今日テレビのある番組で見た、すごい事実。 イタ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more