タイ旅行

新婚旅行先はタイです。

バンコク3日間そしてサムイ島に7日間、合計10日間のタイ旅行です。
イタリアでは結婚した場合、15日間の休暇が認められています。これは希望であれば式の2日前から取ることができます。

旅行先、メキシコ、南アフリカ、と案が出たのだけれど、メキシコはちょうど雨期、南アフリカはイタリアからそんなに遠くないのに、やたらと高い。
そこでふっと浮かんだのが”タイ”。でも彼ははじめはあまり乗り気ではなく、南アフリカをしきりに押してきます。
海がきれいなのと、サバンナの動物をみたい、という理由で。

そこでタイについて、滞在中の日本人の方から情報収集。さらに周りのイタリア人友達の”タイ旅行”の印象をかき集め、ようやく彼がタイ旅行に賛成。

プーケットに行きたかったが、雨期にちょうど入るということで、サムイ島を選択。

新婚旅行なので贅沢に”ビジネスクラス”での旅行。とはいえ、なぜかこの時期、どこのエアー会社もタイ便のビジネス、ファーストのスーパーオファー中。

旅行代は友人、親戚がお祝いとして旅行会社にお金を振り込んでくれるので、結局それでまかなう。

南アフリカにエコノミーで旅行するほうが、タイへビジネスで旅行するよりも高かったの。

そんなこともあって、タイ。

エティハド航空でミラノーアブダビ、アブダビーバンコク。
(ビジネスクラスの乗り心地、サービスについてはまた別の機会に書きます。)

バンコク。

ここはなんだか日本のよう。
車は右ハンドルで左側通行だし、高層ビルも多い。

バンコクの方からしたら、”日本とは違う”と言うだろうけれど、私はなんだか日本のような感覚がした。

デパートも日本のよう。

コンビニはあるし、日本のお菓子だって売っている。

タイの人は親切でした。

バンコクでは線路両脇で開かれる市場も見学できたし。(Youtubeで見たことありますが、これがバンコクにあるとは知らなかったです。)

びっくりしたのが、道路に高く掲げられた宣伝広告。
3Dのようになっている!浮き出ている!!

これには感動。

これは日本にはないだろうけれど、でもやっぱり日本のような感覚を覚えたバンコクです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント