キューバで再会

去年夏に東京で行われたHavana Rakatanのショー。

その際に知り合ったダンサー達のことは今もFBで様子を知ることが出来てはいるが、その中の1人とは時々チャットで会話をする。どちらからともなく”Holaaaaaaaaa!!!!”と始まる。

彼らがネットにつなげることが出来るのは、海外遠征をしているときで、しかもヨーロッパのどこかに入るときは時差の心配も無く、ゆっくりとチャットが出来たりする。

その彼とある日チャットしていて、8月にキューバに行くことを伝えると、8月は彼らはキューバに滞在中とのこと。

連絡先をくれ、私がキューバに着いたときに早速連絡を取ってみた。

新しいダンサー加入のためと、秋からのオランダ公演のための練習が毎日あるので、練習しているテアトロに遊びにおいで!といわれたけれど、遠いので無理。
で、結局ある日曜の夜、1830で会うことに。

私は旦那と、そしてもう一組のイタリア人カップルと、以前から行きたかった1830に夕食を兼ねて出かける。

ここ、素敵。眺めがいい。入場料もドリンク代も高くない。

地元の子ども達のルエダのエキシビションが始まったのでそれを見ていると、ダンサーAlex登場。
叔父さんと一緒に。

1830のフロアーは満員で、フロアーの外で踊る私達。
ビールを水のように飲み、笑い、踊り。

そして帰り道。

私達は4人。当然タクシーに乗って帰る予定。

が、Alexと叔父さんが、”僕達は君たちのいる家の方向に帰るから、乗っけてってあげる”と。
”いや~、私達みんなで4人よ。Alexと叔父さんで6人。車は大きいの?”
”普通の車”
”じゃ、無理でしょ。心配しないで。タクシーで帰るから。”
”心配しないで!6人乗れるよ!!”

そんなやり取りがしばらく続いて、結局送ってもらうことに。

私はシートには腰掛けず、警察官がいたらすぐに下にもぐりこめる体勢。

太っている私の旦那は助手席でのんびりと。後ろには友達カップルとAlex,Alexの足元に私。

Alexが警察監視係。

結構珍道中。

ガソリンを入れよう!という話になって、それさえもAlexと叔父さんはかたくなに拒否していたが、無理やりガソリンを入れました。

そのガソリンスタンドで10CUC紙幣を出したのに、”1CUCだよ、これ”と言われて、これ騙されたのですが、”あっ。失礼!ハイ、10CUC”
1CUCを返金されて、結局9CUC騙し取られました。

まっ、こんな事が起こりましたが、Alexとの再会に喜び、一緒に楽しい夜を過ごせたことで、10CUCの件はどうでもいいことに。

その2日後にオランダへ出発というAlexと、来年2月のイタリアでの再会を約束して(2月から3ヶ月間イタリアを回るらしい、Rakatan)彼らは帰宅の途に。

これはFBの恩恵。これが無ければ彼との再会は果たせなかったでしょう。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Yumi
2011年10月16日 14:12
警察がいたらすぐに隠れられる体制・・・これわかります!キューバでキューバ人の友達が一緒だとあり得る状況ですよね。
こういうケースではドライバーは罪が重いらしいので、ガソリンスタンドに寄る事を拒否するのは当然でしょう。ははは。。。

。。。しかし、友達とかだったら問題ないはずなんだけどねぇ?
yoko de torino
2011年10月16日 19:57
Yumiさん
その数日前にも実は人数超過で罰金出ているんですよ。ドライバーは別の人ですがね。このときは一番小さい子が隠れたのですが、隠れきれず・・・それにしても、FiatのPunto(というと、日産マーチとかそのくらい)の後部座席に大の大人が4人。しかも4人とも身長高い!道中盛り上がりましたよ~!