Maikel Blanco

さて、昨日に引き続きライブについて。

週末ライブを締めくくる、Maikel Blanco Y Su Salsamayor。
3月のローマでのサルサフェスティバルでライブ予定が、どこでどうなったか直前でVanVanのMayitoとRobertonのライブに入れ替わっていて、結局イタリアでのライブを果たせなかった彼ら。
今回の初の夏のヨーロッパツアーは誰もが心待ちにしていたもの。
彼の音楽はディスコでは必ず数曲はかかり、曲が始まると誰もが一気に踊りだす。ペアーでなくても一人でも盛り上がる。
彼らの姿はネットで一部を見られたのみ。そんなミステリアス感もあってか、初めて見る新鮮さからかはわからないが、ライブはとてもとても楽しめた。

日曜の夜中12時に始まったライブ。前日のライブ会場から少なくとも12時間かけて直接バスで駆けつけ、夕食をとらずに(ほとんどのバンドがライブ後に夕食をとる)すぐにライブ突入。

画像

ピアノを担当するMaikel Blanco、若手3人のカンタンテ、そしてバンドメンバー。
みんなが疲れなどこれっぽちも見せずにスタートから走りまくる。

カンタンテのうち二人はサングラスをかけていて顔がわからないが、体型からしてかなり若い。
そのうちの一人がサングラスを取った。
かわいい!!若い!!

画像


一緒に行った友達が最前列で腰を思いっきり動かしながら、カンタンテの気を引く。それにまんまと引っかかったカンタンテ。ふふふ・・・彼女、スタイルいいし、腰の動きはまるでクバーナのようだから何曲かめで、2組のカップルをステージ上に上がらせ、ダンス対決させたがる。
先述の私の友達と私たちのアフロの先生、クバーノがまず上がり、続いてイタリア人の男性ダンサー(彼もダンサーとしてディスコで働いている)とプロダンサーのクバーナがあがる。
そう、イタリアとキューバのミックスカップルの対決。

曲に合わせ男女が絡み合う。レゲトンだ。女性は腰を前後に動かしながら男性の脚に沿ってしゃがんで、そして立ち上がる。片足を上げたりしながらとってもとってもエロティック。
クバーナは超ミニスカートで踊ったためにお尻は丸見え、当然、前も・・・あらららら・・・・

画像

            ↑クバーナとイタリアーノのカップル
            (もう一枚撮ったけど、こっちのはちょっときわどすぎて、
                     載せられない・・・)

画像

             ↑イタリアーナ(友達です・・)とクバーノ(私のマエストロであり大親友)
                          
画像

                 ↑最後にみんなで一緒に

どちらの女性も同じようにセクシーで”H”ぽくって・・・
結局引き分けで、女性二人は彼らのCD(非売品)を手にした。

ライブが進んでいくと、いつも見かける82歳のクバーノが舞台前を踊りながら横切る。
このおじいちゃん、典型的なキューバのおじいちゃん、と言う感じで、みんなからもとってもかわいがられているの。
メンバーの目にもすぐ留まり、舞台に上げられてお得意のダンス(彼得意の振りがあるの)を披露。

画像


その後も舞台前で私たち、娘や孫の年くらいであろう女の子達の手を取り踊り続ける。
素敵なおじいちゃん。

画像


ライブが後半に入り、彼らの曲に合わせあちらこちらで踊る人たち。素敵。
ミュージシャンにとって、ライブ中にどれくらいの人を踊らせられるかが、評価の基準になっていると聞いたことがあるが、彼らは十分にそれをさせてくれた。

私の友達のひとりが誕生日だったことから、友人たちの心使いで、メンバーに呼ばれステージに。お誕生日の歌を贈られ、嬉しそう。

画像


アンコールを入れて2時間たっぷりのライブ。
ライブ終了後には、メンバーとの交流のためにすぐに裏口へ。すべてのメンバーとキスで挨拶を交わし、”チーナ?”とみんなから聞かれ、”い~や、ハポネーサ!”と一人一人に返事。
日本人とわかると接し方が変わるキューバ人。やっぱり日本は憧れの国のようだ。

さて、このMaikel Blanco、背は私よりも低くて、写真を撮ったときには私は若干ひざを曲げて低くなったほど。
彼、見た目は35くらい。でも実際は26歳なんだって。わか~い!見えない・・・・(失礼!)
これからも楽しみなバンドだ。

画像

                    ↑ライブ後にMaikel Blancoと。(私、ひざ曲げてます)

しかし、毎回のキューバンのライブ思うこと。”スペイン語が話せたらもっとコミュニケーション取れるのに・・・・”って。
勉強しなきゃ。

ちなみに、ミラノのLa Indiaのライブは超満員。でも彼女の歌は踊りながら楽しむと言うよりはじっくりと聞くという感じ。
すごくすごく大きくなって(太って・・ということね・・)最初は”Indiaじゃないよ~”って言っていたくらい。どうしちゃったのかしら?

この記事へのコメント

クバニータ
2007年07月20日 23:23
もうすぐバンバンじゃなかったっけ?と思って見に来ました。
トリノは来週だっけ?ほんとに飛んでいきたい~!
どうか私の分まで楽しんできてね。ここでのレポート待ってます!
ところでマイケル・ブランコも大好きなのよー。(私もハバナでお会いしたけど、確かに背低いよネ。)このライブ会場も親密空間でミュージシャンが近くていいね!
yoko de torino
2007年07月21日 04:52
クバニータさん、VanVanは来週の土曜日です。VanVanを見てから日本へ出発。すでにイタリアにいる彼ら。ここ数日の暑さに悲鳴を上げている様子。
ライブ会場は(と言っても普通のディスコなの)、ステージの高さが腰の高さくらい。で、その前には何も障害物がないので、”かぶりつき”出来ます!ミュージシャンにタッチも平気。
ライブ報告、日本へ帰る前の2日間で仕上げないといけないや!でないと9月に入ってからになっちゃうね・・・