ラテンフェスティバルが始まった!!

ついに始まった。今年もラテンフェスティバルが。
毎週木曜と土曜にはライブがあり、特に7月には入るとキューバンミュージシャンのライブが続く。楽しみ。
毎日オープンのこのフェスティバルにはレストランもあり、アルゼンチン、キューバ、ドミニカ共和国、ヴェネズエラ、ペルー、そしてブラジル料理が楽しめる。
とはいえ、ここトリノのフェスティバルは本当に小規模で、お客さんの入りも少ない・・・残念・・・

昨日は友達のDJがサルサナイトでDJすると言うことと、私のマエストロがフロアーでみんなを踊らせてくれるということで、ラテン音楽嫌いで踊りもしない彼を、”ご飯食べに行こう!おごるから!!”と誘って遊んできた。そう、私の彼は”食べに行こう!”と誘えば、嫌いなラテンの環境の中にも飛び込んでくれる、食いしん坊なのです。

ミラノのラテンフェスティバルはもっともっと規模が大きくて、楽しみも一杯。行きたい・・・・・ライブ内容もすばらしく、いくつかのライブはトリノから友達誘って出かけようと計画中。

さて、フェスティバルとは関係ないが、今日はルンバのレッスンへ出かけた。その後のサルサのレッスンもマエストロの助手のような形でたまに参加させられるが、今日も助手してきた。
マエストロ、キューバ人でサンティアゴ出身。
ほかのキューバ人マエストロにも習っているが、このルンバのマエストロは教える術を知っている。
動き、リズムなど、生徒がわかっていないときは”どこからこの動きが来ているか”をわかりやすく説明してくれ、説明を聞いて、”なるほど・・”といつも思わされる。
このマエストロ、イタリアでは有名なキューバ人ダンスグループ、”Clave Negra”のメンバー。
彼に習いたくて習いたくて、ようやくレッスン先を見つけ、今に至る。
Clave Negra、日本にも行く機会があったらしいが、直前で行き先変更になったらしい。

私のマエストロは容姿もかわいい。37になるがとてもそうは見えないほど、無邪気な顔をしている。
以前は奥さんとトリノに住んでいたが(なんと私の家のすぐそばだった・・・これは後で知った)、今は”今の彼女”がミラノに住んでいる関係で、ミラノの彼女の家に引っ越してしまった。だから、ディスコに踊りに行ってマエストロに踊ってもらうことはほぼ不可能なので、レッスンの助手としてでも踊ってもらえることにとても満足している。
とはいえ、レッスン以外でも踊る機会があればといつも思うのだが・・・

Clave Negra。とてもすばらしいグループ。
もし、日本から誰か、イタリアに来る機会があり、彼らを見ることが出来るならば、必ず見たほうがいい。
彼らのホームページ見ていたら、彼らのマエストロ”サンティアゴ・アルフォンソ”と言う人が宝塚歌劇団でレッスンをしている写真があった。
だれか、このサンティアゴ・アルフォンソ氏のこと知っていますか?
知っていれば教えて!!

この記事へのコメント